マンション管理人は大変と感じた出来事について

私はマンションの管理人を長年していました。

大変に気の付く性格でで、理事長さんの覚えがめでたく居住者にも好かれていました。

当然管理会社の評価も良く、何回か表彰も受けた事があります。

その私でも良く愚痴を言っていたことが有ります。

ルールを守らない人が沢山いて、何回も注意文を掲示しても直してくれないというものです。

ルールは管理規約や管理細則にに定められていますが、読む人はほとんどいません。

特にその私の勤めているマンションはワンルームマンションでしたので尚更かも知れません。

ファミリータイプですと住民同士が仲が良くルールを破る雰囲気ではないですが、ワンルームでは出入りが頻繁なので居住者間のコミュニケーションなど全くありません。

そうすると無責任な人はルールを破る事になります。

ルールを守らない、非協力的な住民には困り物

私が困ったという事はゴミの分別です。

自治体指定の有料ゴミ袋に入れないでコンビニのレジ袋にいつも入れる人や燃えるごみに金属類や硝子を混入する人、虫が湧いているのに平気で口を開けたままにして捨てるひと、ライターにガスがまだ残っているのに大量に捨てている人、粗大ゴミと明らかに分かるものを不燃ゴミに入れてている人など切りがありません。

また、マンションで一斉に何かをしなければならない時に、協力が得られない事も困った事です。

築年数が30年を超していたためインタフォンが古くなり何か所も不具合が出ていたため、ある時に一斉に新しくする事になりました。

その旨の掲示は2週間前からしていたのですが、工事が始まっても協力が得られない人がかなりいました。

一件ずつ説明文を新聞受けに投入していたのですが、不在が長期にわたっていた人もいましたので業者は相当困ったようです、配線の都合で何件かが繋がっているため、そのうち1件が出来ませんとその先の部屋の工事が出来ないそうです。

業者も夜討ち朝駆けをして何とか連絡を取っていましたが私も協力したものです。

工事は延長の挙句何とか完了しました。

また、排水管清掃も同じですが、実施率は30%程度でした。

何年もしていない部屋は決まっていましたので漏水事故が心配でした。

漏水事故といえば電気温水器のタンクが老朽化していたために水漏れが発生してしまい、3階から1階まで大規模な漏水が置きた事がありました。

その部屋の人はなかなか帰らず水を止める事が出来ませんでした。

被害は沢山の部屋の天井に及びましたがすべてマンション保険で補償されました。

部屋の住民は結局行方が分からず、家主が売却をしてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です